Home > News

News

Genes and Environmentに論文が掲載されました!

2018.11.12
Genes and Environmentに論文が掲載されました! Oligo swapping method for in vitro DNA repair substrate containing a single DNA lesion at a specific siteMika Yukutake, Mika Hayashida, Narumi Shioi Aoki and Isao Kuraoka Genes and Environment201840:23https://doi.org/10.1186/s41021-018-0112-5 オープンアクセスです!https://genesenvironment.biomedcentral.com/articles/10.1186/s41021-018-0

≫記事のページへ

ISNAC2018(第45回国際核酸化学シンポジウム、日本核酸化学会第2回年会)で発表しました!

2018.11.08
ISNAC2018(第45回国際核酸化学シンポジウム、日本核酸化学会第2回年会)(場所)京都大学百周年時計台記念館(期間)2018年11月7日-9日 (発表日:11月8日)(発表タイトル)Identification of optimal structure and nucleotide sequences of AD-gRNA for an efficient site-directed A-to-I RNA editing(著者)Kanako Nose, Rina Hoshino, Masatora Fukuda

≫記事のページへ

日本環境変異原学会大会第47回大会 (2018)で発表しました!

2018.11.01
日本環境変異原学会大会第47回大会 (2018)で発表しました!   P-79  ヘビ毒核酸分解酵素の精製と機能解析 財津 佳史 , 塩井 成留実 , 倉岡 功 福岡大学 理学部 化学科   P-80  新規ヒト修復タンパク質 EEPD1 の機能解析 上田 翔大 , 倉岡 功 福岡大学理学部化学科   シンポジウム 高次のゲノム損傷修復とその解析 ヒトヌクレオチド除去修復で修復される DNA 損傷の探索倉岡 功福岡大学理学部化学科 

≫記事のページへ

The 19th EU-IST Congressで発表しました!

2018.09.23
The 19th EU-IST Congressで発表しました! Acetaldehyde is one of the most potent groups of Toxins Yuina Sonohara, Shigenori Iwai& Isao Kuraoka Rational design and development of anti-veでnom drugs for snakebites based on the endogenous inhibitors from Japanese Viper Ayaka Ogura, Yoshifumi Zaitsu, Keizo Hiraishi, Isao Kuraoka, R Manjunatha KINI & Narumi Shioi_Aoki

≫記事のページへ

日本核酸医薬学会第4回年会および第20回日本RNA学会年会で学会発表しました!

2018.07.09
日本核酸医薬学会第4回年会(九州大学医学部百年講堂)(招待講演)RNA編集誘導を原理とするRNA変異導入核酸の開発福田将虎、野瀬可那子 第20回日本RNA学会年会(大阪市ホテルコスモスクエア国際交流センター)(ポスター発表)RNA編集を部位特異的に誘導するガイドRNAの設計と機能評価野瀬可那子、星野莉奈、増田修樹、福田将虎

≫記事のページへ

日本生化学会九州支部例会で発表しました!

2018.07.03
山口武夫先生、上田翔大君、小倉彩香さん、財津佳史君が日本生化学会九州支部で発表しました。 バンド3と骨格タンパク質との相互作用に関するアニオン輸送阻害剤の効果今村直樹、於保真由美、○山口武夫 (福岡大・理・化学) 大腸菌エキソヌクレアーゼⅢと類似性を持つ新規ヒト修復タンパク質EEPD1 の機能解析○上田翔大、塩井成留実、倉岡    功 (福岡大学・理・化) コブラ科毒液中の成分分析とその阻害因子の探索○小倉彩香、堤    陸、倉岡    功、塩井成留実 (福岡大・理) ヘビ毒核酸分解酵素の精製と基質特異性○財津佳史、倉岡    功、塩井成留実(福岡大・理・化) ご苦労様でした。

≫記事のページへ