Home > News

News

第41回日本分子生物学会年会で発表しました!

2018.12.05
第41回日本分子生物学会年会(場所)パシフィコ横浜(期間)2018年11月28日-30日 (発表形式)ポスター発表(発表日)①11月28日、②11月30日 ①(発表タイトル)A-to-I RNA編集の翻訳開始点生成によるタンパク質翻訳制御(著者)星野莉奈、野瀬可那子、福田将虎②(発表タイトル)A-to-I RNA編集を標的部位特異的に誘導するガイドRNAの設計と機能評価(著者)野瀬可那子、星野莉奈、福田将虎

≫記事のページへ

Genes and Environmentに論文が掲載されました!

2018.11.12
Genes and Environmentに論文が掲載されました! Oligo swapping method for in vitro DNA repair substrate containing a single DNA lesion at a specific siteMika Yukutake, Mika Hayashida, Narumi Shioi Aoki and Isao Kuraoka Genes and Environment201840:23https://doi.org/10.1186/s41021-018-0112-5 オープンアクセスです!https://genesenvironment.biomedcentral.com/articles/10.1186/s41021-018-0

≫記事のページへ

ISNAC2018(第45回国際核酸化学シンポジウム、日本核酸化学会第2回年会)で発表しました!

2018.11.08
ISNAC2018(第45回国際核酸化学シンポジウム、日本核酸化学会第2回年会)(場所)京都大学百周年時計台記念館(期間)2018年11月7日-9日 (発表日:11月8日)(発表タイトル)Identification of optimal structure and nucleotide sequences of AD-gRNA for an efficient site-directed A-to-I RNA editing(著者)Kanako Nose, Rina Hoshino, Masatora Fukuda

≫記事のページへ

日本環境変異原学会大会第47回大会 (2018)で発表しました!

2018.11.01
日本環境変異原学会大会第47回大会 (2018)で発表しました!   P-79  ヘビ毒核酸分解酵素の精製と機能解析 財津 佳史 , 塩井 成留実 , 倉岡 功 福岡大学 理学部 化学科   P-80  新規ヒト修復タンパク質 EEPD1 の機能解析 上田 翔大 , 倉岡 功 福岡大学理学部化学科   シンポジウム 高次のゲノム損傷修復とその解析 ヒトヌクレオチド除去修復で修復される DNA 損傷の探索倉岡 功福岡大学理学部化学科 

≫記事のページへ

The 19th EU-IST Congressで発表しました!

2018.09.23
The 19th EU-IST Congressで発表しました! Acetaldehyde is one of the most potent groups of Toxins Yuina Sonohara, Shigenori Iwai& Isao Kuraoka Rational design and development of anti-veでnom drugs for snakebites based on the endogenous inhibitors from Japanese Viper Ayaka Ogura, Yoshifumi Zaitsu, Keizo Hiraishi, Isao Kuraoka, R Manjunatha KINI & Narumi Shioi_Aoki

≫記事のページへ