Home > News

News

8月3日 講演会 DNA, RNAの高次構造制御と機能発現

2017.07.24
日時:2017年8月3日 15:00~16:30場所:理学部922教室講師:萩原正規(弘前大学)タイトル:DNA, RNAの高次構造制御と機能発現概要:遺伝子の発現には、DNAやRNAが特定の高次(立体)構造を形成することが重要であると考えられています。今回、有機小分子や短鎖核酸分子を利用して、DNA、RNAの高次構造を人為的に変化させ、その機能を制御しようとする試みについて紹介します。 ご参加ください。

≫記事のページへ

第19回日本RNA学会年会で発表しました。

2017.07.24
野瀬可那子(D2)さん、野口龍磨(M2)さん、星野莉奈(M1)さんが、第19回日本RNA学会年会(7月19〜21日:富山市)で発表しました。 ヒトADARsの編集活性を利用したRNA変異導入法の開発野瀬 可那子、野口 龍磨、星野 莉奈、増田 修樹、中川 裕之、福田 将虎 A-to-I RNA編集により誘起するグアニン四重鎖構造野口 龍磨、佐藤 慎一、勝田 陽介、片平 正人、山置 佑大、福田 将虎 A-to-I RNA編集による翻訳開始点の生成星野 莉奈、野瀬 可那子、福田 将虎 ご苦労様でした。

≫記事のページへ